即日入居賃貸って最短でいつから?本当に今日・明日借りられるのはここ

上京や一人暮らしを検討している方の中には、「申込み後、即日入居したい!」という願望や希望を持っている方も多いです。

即日入居可物件は文字だけを見ると、申込んでから最短でその日のうちに住めると思い込んでいる方もいますが実際にはどうなのでしょうか?

 

結論から述べると、即日入居可物件は契約さえ済ませればいつでも入居することが可能です。

ここで注意しておきたいのは「契約後」ということです。

 

通常、賃貸物件に入居するには申込み、入居審査、電気や水道の契約、インターネットの開通工事といった手続きを済ませる必要があります。

賃貸物件の申込みや入居審査は最短でも2日~4日ほどはかかるため、この期間は入居ができません。

無事に入居審査をクリアし、正式に賃貸契約を締結したあとであればその日のうちに「即日入居したい」という願いが叶うことになります。

 

なお、即日入居可のアパートやマンションに申込みをしてから入居が可能になるまでの最短日数は約4日ほど、長くて12日前後の日数を要します。

「即日入居したい」という希望を持っている方は、申込みから契約までをスムーズに済ませられるようにしっかりと準備を行っておきましょう。

※本当に即日で入居できる、唯一の例外もある

ちなみに唯一レオパレスだけは、本当に即日入居できます。

ちなみにここは無職でも、保証会社代として6万円支払えば即日入居できます。

まず間違いなく色々な面で緩い賃貸会社なので、色々な審査をすっ飛ばして契約できるレオパレスが、即日入居物件を探す上では一番です(というか、ここでダメなら全てダメですね)

>>今すぐレオパレスで物件を探す<<

 

 

 

ただしレオパレスにもデメリットがあります。

それは「アパートの契約代として、ある程度のまとまったお金(家賃4~5か月分)は用意しておかないといけない」というもの。

家賃5万円の物件ですと、25万円くらいは初期費用として必要になってきます。

 

もし今まったくお金がない場合は、「今日応募して即日採用、翌日には入居」出来る、住み込み派遣最大手の綜合キャリアオプションをお勧めします。

>>綜合キャリアオプションの詳細はこちら<<

 

 

↓最短で明日から住み込み可能↓
    

即日入居可物件は入居審査があるの?保証人は不要?

即日入居可物件は通常のアパートやマンションよりも早めに入居できるというイメージがあるため、中には入居審査や保証人不要と思い込んでいる方もいます。

では実際に即日入居可物件の入居審査や保証人の有無はどうなっているのでしょうか?

ここでは即日入居可物件の入居審査や保証人に関するお役立ち情報を解説します。

即日入居でも、入居審査はほぼ必要

結論から述べると即日入居可物件と記載されているアパートやマンションでも、入居審査はほぼ100%発生します。

と、いうのも即日入居可物件とはすでに室内のクリーニングなどが済んでおり、契約後であればいつでも入居できる物件のことを指します。

 

即日入居可物件と聞くと、最短即日で入居できるように入居審査をパスした物件と勘違いしている方もいますがそうではありません。

即日入居可物件でも申込みから入居審査という流れはほぼ100%の確率で発生しますので、これから該当物件を探す方はしっかりと準備をしておきましょう。

即日入居物件の保証人も必要になるケースが多い

保証人についても入居審査と同様、契約の際に必要になるケースが圧倒的に多いです。

特に賃貸物件の場合は通常の保証人ではなく、連帯保証人と呼ばれる人物を求められるのが一般的です。

 

連帯保証人とは万が一借主が家賃滞納を起こしたときなどに、貸主や不動産会社から請求をされたら代わりに返済する義務を負う人物のことを指します。

大家さんや不動産会社もボランティアで物件を貸しているわけではないため、多くの賃貸物件では保険代わりとして連帯保証人を求めます。

 

物件によっては保証人不要の部屋もありますが、このケースでも保証人の代わりに家賃保証会社との契約を求められるのが一般的です。

即日入居可する場合に、必要になる書類って?

続いては必要書類に関する情報を解説します。即日入居可の部屋を借りるときも、一般的な物件と同様の書類を求められることが多いです。

以下に、即日入居可の部屋を借りるときに求められる主な書類をまとめましたのでご覧ください。

身分証明書(本人・連帯保証人)

どの部屋を借りるにせよ身分証明書は必ず必要になります。

即日入居可物件の入居審査を受けるときは、免許証やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書が推奨されています。

 

仮に顔写真付きの身分証明書がない場合は健康保険証、学生証、マイナンバーカードでも問題はありません。

また、上記の公的な身分証明書でなくとも顔写真入りの社員証でも有効な可能性があります(詳細は各不動産会社へ確認してください)。

なお審査を受ける物件が連帯保証人必須の場合は、連帯保証人となる方の身分証明書も求められます。

住民票

住民票はお住まいの地域の役所などで発行してもらうことができます。

住民票発行にかかる手数料は1通300円~500円ほどです(各自治体で異なる)。

 

なお、連帯保証人が両親や兄弟などご家族の場合は保証人との続柄が記載されていたり、保証人の名前が掲載された住民票謄本を求められたりすることもあります。

印鑑証明書(本人・連帯保証人)

賃貸契約を行う際は、実印と銀行員さえあれば契約自体は成立します(法律上においても印鑑証明書はなくても問題はない)。

しかし、現在の不動産会社は本人確認のために印鑑証明書の提出を求めるのが一般的です。

 

賃貸物件の契約というのは年間で数十万円から数百万円の大きな費用がかかるため、不動産会社も万が一のことを考えて確実に本人確認ができる印鑑証明書の提出を求めているのです。

印鑑証明書は各市区町村で1枚300円ほどで発行が可能です。

なお、印鑑証明書は本人だけではなく、連帯保証人の分も必要になることが多いです。

収入証明書(本人・連帯保証人)

収入証明書は入居審査の際に大きなウェイトを占める書類となります。

その主な理由としては大家さんや不動産会社は申込者から提出された収入証明書を参考にしながら物件を貸すか否かを決定するからです。

 

収入を証明する書類には、以下のようなものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 収入証明書(会社発行のもの)
  • 在籍証明書(会社発行のもので予定年収や実績などが記載されているのが条件)
  • 内定証明書(会社発行のもので予定年収や月収が記載されているのが条件)
  • 給与明細書(会社発行のもので直近3ヶ月以内などの条件がつく)
  • 確定申告書の控え
  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書

 

なお収入証明書についても本人だけではなく、連帯保証人の方の分も必要になります。

連帯保証人承諾書

連帯保証人承諾書とは文字通り保証人を依頼された方が、連帯保証人になることを承諾したことを示す書類となります。

この承諾書をもって連帯保証人が正式に決まることになります。

 

承諾書の中には損害賠償などに関する詳細が記載されていることもありますので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

即日入居可物件の契約の流れ

ここからは即日入居可物件の賃貸契約締結までの流れを3つのステップに分けて解説します。

【STEP①】申込み・入居審査

まず自身が気になる即日入居可物件を見つけたら建物を管理する不動産会社へ申込みの旨を伝えます。

賃貸物件の申込みは一般的に入居申込書に必要事項を記入し、身分証明書の写しを大家さん、もしくは不動産会社に提出します。

 

その後、提出した入居申込書や各種必要書類の内容を基に入居審査が行われます。

無事、入居審査にクリアすると次のステップに進みます。

なお入居審査が完了するまでの日数は約2日~10日ほどです。

 

提出書類に不備があると審査にかかる時間もその分延びることになりますので、必要書類はしっかりと準備しておくようにしましょう。

【STEP②】重要事項説明や物件の詳細に関する説明

審査通過後は宅地建物取引士と呼ばれる専門資格を持った不動産会社の担当者から重要事項の説明がなされます。

重要事項説明は文字通り物件の仕様や契約に関する詳細を確認するものです。

 

重要事項説明で契約者が肝に命じておきたいことは不明点はそのままにせずに、わからないことがあったら担当者にしっかりと質問をしておくことです。

不動産会社によっては専門用語を多用したり、わかりづらい説明をしたりすることもあり、中には疑問点を抱えたまま契約してしまう方もいます。

 

この状態で契約を締結すると後々トラブルを引き起こす可能性もありますので疑問点や不明点は必ず質問しておくようにしましょう。

【STEP③】初期費用の入金・賃貸契約の締結

重要事項説明で契約内容などに合意ができたら敷金や礼金などの初期費用を支払い、正式に賃貸契約の締結を行います。

賃貸契約の締結に使用する契約書は入居者用と大家さん用に2通作成し、最後に必要書類を提出する流れです。

なお、必要書類は各物件や不動産会社ごとに異なる可能性がありますので、事前にしっかりと確認をとっておきましょう。

■即日入居可の物件がある主な不動産会社

即日入居を希望する場合は、契約後すぐに引越し可能な物件を有している不動産会社を探すことが重要です。

また不動産会社によって契約時にかかる費用(初期費用)や家賃相場なども変わるため、金銭面にこだわりがある方はこれらのポイントもしっかりと把握しておきましょう。

ここでは即日入居可の物件を管理する主な不動産会社をまとめましたのでご紹介します。

リブマックス

http://www.livemax.net/

関東と関西を中心に全国68の地域に店舗を構えるリブマックス(2019年11月時点)。

全国展開をしている不動産会社ですが、地域によっては十分なカバーが難しいのがネックです。

 

ただし、前述のように関東と関西地域は他エリアと比較すると充実度が高いため、首都圏への上京を検討している方にはおすすめの不動産会社といえるでしょう。

<リブマックスの仲介手数料>

賃料の54%

<リブマックスが管理する一人暮らし用物件の家賃相場>

地域 家賃相場(1R、1K) ※管理費等含む
札幌 2万円~9万6,000円
東京 4万2,000円~24万円
千葉 4万円~12万4,900円
名古屋 4万円~10万8,000円
大阪 2万6,000円~14万8,000円

※家賃相場価格は2019年11月時点の情報

エイブル

https://www.able.co.jp/

「賃貸業界の老舗」とも呼ばれているエイブル。

北海道から沖縄まで全国各地の物件をカバーしており、店舗数も最多クラスとなっています。

 

現在のエイブルは東京や名古屋などで積極的にビジネス展開をしているといわれていますが、もともとは大阪生まれの企業であるため、関西圏の取扱い物件数も豊富です。

<エイブルの仲介手数料>

賃料の50%

<エイブルが管理する一人暮らし用物件の家賃相場>

地域 家賃相場(1R、1K) ※管理費等含む
札幌 1万6,000円~10万5,000円
東京 2万2,000円~69万1,200円
千葉 1万4,000円~66万円
名古屋 1万5,500円~47万4,320円
大阪 1万3,000円~84万7,000円

※家賃相場価格は2019年11月時点の情報

大東建託

https://www.eheya.net/

 

テレビCMでもおなじみの「いい部屋ネット」などの賃貸事業は全国的に有名です。

日本各地の一人暮らし用物件をカバーできる大手不動産会社のひとつであり、保証人や敷金不要の契約プランを複数用意しているため、資金力に不安がある方にもおすすめの不動産会社といえるでしょう。

<大東建託の仲介手数料>

賃料の1ヶ月分

<大東建託が管理する一人暮らし用物件の家賃相場>

地域 家賃相場(1R、1K) ※管理費等含む
札幌 2万5,000円~5万5,000円
東京 2万7,000円~27万円
千葉 2万3,000円~13万5,000円
名古屋 2万5,000円~10万9,000円
大阪 2万1,000円~17万円

※家賃相場価格は2019年11月時点の情報

アパマンショップ

https://www.apamanshop.com/

アパマンショップは東京都千代田区に本社を置く不動産賃貸仲介会社です。

創立年数は大手老舗店と比較すると短いものの、全国1000店舗以上の加盟店や有名芸能人などを起用した大掛かりな宣伝の効果で、今では大手不動産会社の一企業に入るまでに至りました。

仲介業者の中では店舗数が全国トップクラスのため、それに比例して取扱い物件数も非常に豊富なのが魅力的です。

<アパマンショップの仲介手数料>

賃料の1ヶ月分

<アパマンショップが管理する一人暮らし用物件の家賃相場>

地域 家賃相場(1R、1K) ※管理費等含む
札幌 1万5,000円~9万6,000円
東京 2万円~41万4,000円
千葉 2万円~79万2,000円
名古屋 2万円~84万8,000円
大阪 1万3,000円~68万2,000円

※家賃相場価格は2019年11月時点の情報

ミニミニ

https://minimini.jp/

東京都港区に本社を有するミニミニ。

関東、中部地方の本部に加え、北海道、宮城県、栃木県、群馬県、京都府、岡山県、福岡県などに事業所を配置し、傘下のグループ企業がそれ以外の地域を統括する方法で運営をしています。

 

鍵のトラブルや水回りのトラブルを24時間365日体制で無料サポートする「入居安心サービス」などは入居者から好評です。

敷金、礼金が無料の物件も豊富に取り扱っていますので初期費用を抑えたいという方にもおすすめできます。

<ミニミニの仲介手数料>

賃料の50%

<ミニミニが管理する一人暮らし用物件の家賃相場>

地域 家賃相場(1R、1K) ※管理費等含む
札幌 4万4,000円~11万1,000円
東京 1万7,000円~78万8,400円
千葉 2万2,000円~33万円
名古屋 1万5,500円~11万1,000円
大阪 2万1,000円~21万3,000円

※家賃相場価格は2019年11月時点の情報

ホームメイト

https://www.homemate.co.jp/

ホームメイトは東証1部上場企業の建設会社である東建コーポレーション株式会社が手掛ける入居仲介サービスです。

一人暮らしを始める女性を応援する「女子割」や新生活を始める社会人をサポートする「新生活サポートサービス」など、一人暮らし用の物件を探している方に適したサービスを多数提供しているのが特徴です。

加盟店の数は1万店舗を超えており、日本最大級の不動産ネットワークを最大限活用しながら1人、1人の希望に沿ったお部屋を紹介できるのも大きな強みです。

<ホームメイトの仲介手数料>

賃料+駐車場料金の1ヶ月分(直営店)

<ホームメイトが管理する一人暮らし用物件の家賃相場>

地域 家賃相場(1R、1K) ※管理費等含む
札幌 1万7,000円~9万2,000円
東京 2万2,000円~147万8,760円
千葉 2万円~15万9,000円
名古屋 2万1,400円~35万8,000円
大阪 1万8,000円~76万7,000円

※家賃相場価格は2019年11月時点の情報

■【その他】即日入居が可能な物件について

一人暮らし用の即日入居可物件を探すのであれば、上記の大手不動産業者を利用すれば大きな失敗を起こすことはありません。

ただし、上記で紹介した不動産会社以外にも賃貸物件を取り扱う企業があります。

具体的にはレオパレスやUR都市機構などです。

 

また契約形態は異なるもののウィークリーマンションやマンスリーマンションといった賃貸物件もあります。

これらは契約後に即日入居が可能なのでしょうか?

ひとつずつチェックしてみましょう。

レオパレス

https://www.sankeibiz.jp/business/news/190621/bsm1906211948003-n1.htm

説明不要の、無職でも生活保護受給者にでも家を貸す最強の不動産会社がレオパレスです。

東京都中野区に本社を置く大手不動産会社のひとつです。

 

テレビ、エアコン、冷蔵庫、テーブルなど生活に必要な家具や家電がひと通り備わっているのが大きな魅力です。

レオパレスでもその他の不動産会社と同様、即日入居可の物件を取り扱っています。

 

ただし、すべての物件で即日入居が可能なわけではないため、申込むときは即日の入居が可能かどうかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

居住環境に大きなこだわりがない方であれば少ない費用で引越しができるレオパレスはおすすめです。

お部屋探しはレオパレス21

UR都市機構(公団住宅)

https://www.ur-net.go.jp/chintai/

UR都市機構とは独立行政法人都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の略称であり、国土交通省所管の独立行政法人のことを指します。

UR都市機構は大都市や地方中心都市における市街地整備を行ったり、賃貸住宅(UR賃貸住宅)の管理を手掛けたりしている団体です。

 

UR都市機構が管理する賃貸住宅(公団住宅)は全国に72万戸あるとされており、物件の外観は年代を感じさせるものの、現代の生活ニーズに合わせて改良した部屋もあります。

公団住宅は礼金や仲介手数料が無料な点が大きな魅力ですが、残念ながら即日入居可の物件は取り扱っていません。

 

公団住宅は申込みから契約まで約1週間~2週間前後かかり、契約後の入居も10日ほどの日数を要するとされています。

このような理由から公団住宅は契約後その日のうちに入居することは難しいため、即日入居を希望する方は大手不動産会社が取り扱う物件を探したほうが効率的です。

ウィークリーマンション・マンスリーマンション

https://www.weekly-mansion.com/

正式に一人暮らし用の物件が見つかるまではウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りる方法もあります。

ウィークリーマンションとは1週間~2週間、もしくは1ヶ月に満たない期間で賃貸契約を結ぶ短期賃貸マンションのことを指します。

 

ウィークリーマンションやマンスリーマンションは一般的な賃貸物件のように収入証明書を提出する入居審査などが発生しないため、契約までの期間を短縮することができます。

さらに物件によっては即日入居が可能ですので、申込みから入居までの期間は非常にスピーディーに進むといってもよいでしょう。

 

ウィークリーマンション、マンスリーマンションの家賃は地域により違いがありますが約7万円~15万円ほどが相場となります。

ちなみに大手の不動産会社だと前述のレオパレスはマンスリープランのサービスも提供しています。

 

マンスリーレオパレスは全室家具、家電付きはもちろんのこと光熱費が無料です。

マンスリーレオパレスは最短30日から借りられるプランもありますが、長期的に利用する場合は90日から30日単位で契約できるマンスリープランがおすすめです。

ただしマンスリーレオパレスは即日入居が可能か否かが不明なため、希望する方は事前に必ず詳細を確認するようにしてください。

即日入居可物件の初期費用相場

最後に即日入居可物件にかかる初期費用相場を解説します。

実は即日入居可物件の初期費用は一般的な賃貸物件と比較しても金額に大差はありません。

 

前述のように即日入居可物件は「契約後であればいつでも入居できる」という意味ですので、その他の条件や項目は一般的な賃貸物件と同じであることが多いです。

基本的に賃貸物件の初期費用相場は家賃の5ヵ月分~7ヶ月分といわれています。

 

もちろん地域性、不動産会社、物件を所有する大家さんによっては相場よりも安いこともあれば、逆に高くなるケースもあるでしょう。

しかし、大半のケースでは家賃半年分ほどの金額が初期費用になるため、ひとつの目安として覚えておくと物件探しの際にも役立ちます。

 

ちなみに賃貸物件の契約にかかる初期費用の主な内訳は以下のようになります。

内訳 費用相場
敷金 家賃1ヶ月分~2ヶ月分が目安
礼金 家賃1ヶ月分~2ヶ月分が目安
前家賃 家賃1ヶ月分が目安
仲介手数料 家賃半月分~1ヶ月分が目安
火災保険料 1万5,000円~2万円
保証料 家賃半月分~1ヶ月分が目安
鍵交換費用 1万円~2万円が目安
引越しにかかる費用 3万円~10万円が目安

 

上記の初期費用相場はあくまでも目安の金額となるため、物件探しを行う際は必ず不動産会社の担当者に詳細を確認しておくことをおすすめします。

■まとめ

賃貸物件には「即日入居可」と記載がある物件があります。即日入居可物件とは「契約後、即日入居できる」という意味であり、早急に家を探している方には非常におすすめの物件といえるでしょう。

ただし即日入居可物件にも入居審査や保証人が必要なため、まったくの無職という方が賃貸契約を結ぶのは難しいです(レオパレスを除く)。

 

逆に毎月安定した収入が入ってきている方であれば審査に通る可能性も高いため、契約後すぐに住むことができるでしょう。

即日入居可物件は各大手不動産会社が管理していることも多いですので、契約後すぐの入居を希望する方は複数の不動産会社サイトを定期的にチェックしておきましょう。


↓最短で明日から住み込み可能↓
  

住み込み派遣に迷ったら、最大手のここで間違いなし!

綜合キャリアオプション

  • 住み込み派遣の求人数No.1の最大手
  • 工場系のお仕事はもちろん、住み込みには珍しい事務やその他の仕事も多い
  • 寮費無料(光熱費込み)、家具・家電完備、風呂トイレべ別のワンルーム
  • 面接はなしで電話で即日採用、最短で明日から住み込み開始可能
  • 寮への引っ越し代は会社負担なので、いま貯金がなくても明日から一人暮らし可能
  • 学歴・職歴・年齢不問の求人、正社員登用ありの求人多数
  • 求人の4つに1つは時給1500円以上(年収300万円以上)
↓公式サイトはこちら↓
綜合キャリアオプションの公式サイトはこちら