【最短で今日面接、明日入寮↓】

働きつつ出来るだけ家賃を浮かせる方法として、寮に住む方法と社宅に住む方法があります。

しかし、この寮と社宅の違いについてよくわからなかったり、定義は知っていても結局のところどちらの方が良いのか、よくわからない方も多いのではないかと思います。

 

そこで今回は

  • 寮と社宅の違い
  • 寮のメリット・デメリット
  • 社宅のメリット・デメリット

について、ご紹介します。

※こちらの記事は、当サイトで応募したアンケートを元に作成しています。




【3日で寮付き正社員ならここ↓】

※ちなみに:寮あり・社宅ありの求人を探すならココ!

工場ワークス という求人サイトでは、寮付きの求人や、社宅付きの求人が山ほどあります。

寮か社宅か選べる求人も沢山ありますし、会社次第では今日面接、明日入寮することも可能です。

 

また寮費が無料で、家具・家電完備、ユニットバス完備の綺麗なワンルームを用意している所が沢山あります。

 

各会社の求人が一つのサイトに集まっているので、東京や大阪、名古屋や福岡などの都市部はもちろん、沖縄・岡山・宮城など47都道府県の寮・社宅付きの求人が掲載されています。

(具体的な求人数は時期によりますが、例えば現時点では

  • 関東:3,385件
  • 関西:1,746件
  • 中部・東海:2,667件
  • 北海道・東北:1,379件
  • 信越・北陸:1,195件
  • 中国・四国:862件
  • 九州・沖縄:1,395件

もの寮・社宅つきの求人があります)

 

正社員の求人はもちろん、派遣や契約社員と言った様々な雇用形態の寮・社宅あり求人がありますし、学歴も中卒からOK。

新卒求人も、転職向けの中途求人もあるので、ぜひ一度見てみてください。

⇒工場ワークスの公式サイトはこちら 

 

 



/////記事の途中ですが、おすすめ記事/////

そもそも、寮と社宅の違いって?

寮と社宅の違いについては、実は明確な差はありません。

一般的に寮は独身、社宅は妻帯者というイメージがありますが、会社によっては独身でも社宅に住めるところもあります。

また寮は共同部屋だったりお風呂が共有なイメージがあるかもしれませんが、最近はワンルームアパート寮で、各部屋に家具・家電・ユニットバスなども用意されている所も増えています。

 

ただし、あくまで一般的なイメージですと

 

【寮】

  • 寮全体を会社が所有していることが多い
  • 共同部屋、もしくは広くてもワンルームでアパートが基本
  • 場合によっては食事が提供される
  • 寮によっては共同風呂などがある
  • 基本的には独身が住むことが多い(カップルで住めるところもある)

 

【社宅】

  • 一般のマンションや住宅を、会社名義で借りている
  • 一軒家やマンションなど、広い家に住める
  • 家族で住むことが出来る

 

このようなイメージで問題ないかと思います。

 


それでは上のようなイメージを前提に、寮と社宅それぞれに住むメリット・デメリットについて、(数も多いので)箇条書きでご紹介します。

仕事で会社の寮に住むメリット

  • (会社が近い事が多いので)何かあった際に、会社へ連絡が取りやすい
  • 寮費が無料、もしくは格安なことが多い
  • (食事を提供してくれる寮の場合)お金は無くなっても、とりあえず食事はとれる
  • (食事を提供してくれる寮の場合)健康的な生活を送れる
  • 寮母さん等が料理や掃除をしてくれるため、ごみの分別以外の雑用をしなくていい
  • 水道光熱費が寮費に含まれており、使い放題
  • 自分が留守でも、寮長の部屋で荷物を預かってもらえることがある
  • 他部署の情報なども入手しやすい
  • 職場と寮が近く、出勤時間のギリギリまで部屋に居られるし、休憩時間に寮に戻れる
  • 入社してすぐ、友達が出来る(日本各地から集まった同世代と知り合える)
  • 新しい土地でわからない事があっても、周りの人間に聞きやすい
  • 友人や職場の人の好みを把握する場があり、仕事上でも有利に働くことがある
  • 同僚と遊ぶ場合、帰宅にかかる時間を考えなくて良いため遅くまで遊べる
  • 家具・家電が予め用意されている事が多く、自分で購入する必要がない
  • (女性の場合)周りに同僚が住んでいるので、女性でも一人で安心して暮らせる
  • 近くの飲み屋に一緒に行けたり、誰かの部屋で飲めたりするので寂しい生活にならない
  • いつでも誰かがいるので、1人でいても淋しく思うことがない
  • 単身者ばかりで人も連れ込めない分、かえって騒音トラブル等は少ない

仕事で会社の寮に住むデメリット

  • 社宅と比べると部屋が狭い
  • 友人や恋人を連れてきづらい(一緒に暮らせない)
  • 同期や部屋の仲間と喧嘩すると居心地が悪い
  • 長期で空ける際に、許可をとらないとならない
  • 門限がある
  • 仕事とプライベートの区別がつきにくい
  • 家具・家電が備え付けられている分、自分好みのものを用意できない
  • 食事の時間やメニューが決まっており、好きな時間に好きな食事を取ることが出来ない
  • (女性専用の寮の場合)家の外にいても、何かしらの香水の匂いや柔軟剤の匂いがする
  • 安い土地にある場合が多いので、駅から遠いケースが多い
  • 光回線の工事やリフォーム等ができない
  • 冷蔵庫に自分のものを入れる際に名前を書いたり、大きすぎるものを入れるのを躊躇ったりと、完全な一人暮らしではない為、気遣いが必要
  • 寮によっては、先人たちの謎ルールがある

仕事で社宅に住むメリット

  • 一般住宅のため寮と比べて作りがしっかりしているため、生活の満足度が高い
  • 普通に広く快適な一般住宅に、格安で住める(都心でも家賃が安い)
  • 寮と比べてプライベートが確保されており、寮のように仕事が終わっても会社の延長というような感覚にはならない
  • 他の部屋に会社の方がいるわけじゃないので、寮の時のように煩わしい先輩・後輩の人間関係がない
  • 友達や恋人を自由に呼ぶことが出来る
  • 家族ぐるみでの関係を作りやすい
  • 地域での交流の場を設けやすい
  • 子供がいる家庭が多いので、子供同士も仲良くなれて親も相談相手が出来る
  • 社宅の先輩社員などから、引っ越した際に必要なものを貰えたりする可能性がある

仕事で社宅に住むデメリット

  • 寮と比べると家賃も高くなり、水道光熱費なども自己負担な場合が多い
  • 社宅は寮と比べると数が少なく、立地のいい場所が空きにくい
  • 家の近くで自然と知り合いが増えたりしない
  • 会社の業績、その年の自分の業務成績に家賃が左右されてしまうことがある
  • 何となく退職しづらい
  • 社宅の中でコミュニティが出来てしまうので、打ち解けるのに時間のかかる方などはコミュニティに入っていくのに苦労する
  • 寮と比べると、築年数が古い事が多い
  • 町内清掃などの自治会行事は、事実上強制的に参加させられる
  • 全て自炊のため、人によっては朝食を食べない等、食生活が乱れることがある
  • 寮と比べると同僚や先輩と会う回数が減り、バカ騒ぎをするような時間が減る
  • 家族が増えたにもかかわらず、部屋が狭い(会社の規定で何平方までと決められている)ことが多い
  • 隣人の昇格や役職、部署異動までわかってしまい、家族として知らなくていい情報まで知ってしまう
  • 全然仲良くない会社の人の奥さんと、自分の奥さんがママ友になっていて気まずい
  • 社宅の人達だけの町内会がある
  • ご近所さんが会社の人なので下手なこと出来ない。監視されてる感がある
  • 会社側が指定する物件に住むことになるので、事前に内覧等を行なった上で住むことが難しく、場合によっては準備しておいた家電等が入らない可能性がある
  • 会社側に住ませてもらってる気になるので、多少の近所トラブル等は我慢するべきと思ってしまう
  • 会社の人事やボーナス時期には、様々なうわさ話が聞こえてくる
  • ランチ会などが頻繁に開催され、断りづらい

寮と社宅、どっちの方が好きだった?(アンケート)

ひとまずそれぞれのメリットを羅列しましたが、これだけ双方にメリット・デメリットがあると、どちらが良いのか決めかねている方もいるのではないかと思います。

そこで寮と社宅の両方を経験された方に、どちらの方が好きだったかを聞いてみました。

寮の方が好きだった方

  • 食事もついてきてエアコンもつけ放題。お風呂も大浴場で、仲間達と毎日が修学旅行みたいな気持ちを味わえて新鮮だったから(30代女性)。
  • 好きな時間も確保できるし、会社との駆け引きも少なかったから(50代男性)。
  • まだまだ学生の延長線上でしたので、仕事が終わった後も皆んなで酒を飲みバカ騒ぎする事で翌日の活力になっていた様に思う。今思うと、大変貴重な時間だったと思う。同じ釜の飯を食うとは、まさしくこの事だったんだと思う(30代男性)。
  • とにかくお金が貯まるから(男性)。
  • 社宅は周りにも気を遣ってもらえる反面、自分も気を遣い続けないといけない為ストレスだった。寮は自分も気を遣わずに過ごせる反面、他の誰にも気を遣ってもらえない為、どちらがよいかは人によるかと思う。また社宅の方が休日に社内の行事を行う等、よりプライベートがなかったように思うので、寮の方が充実していたと感じる(30代男性)。
  • 苦手な料理もしなくて良いし、清掃活動などの行事も一切なかったのですごく楽だった(40代女性)。

社宅の方が好きだった方

  • 社宅の方がプライベートがとても充実していて、仕事が終わった時の解放感を強く感じることができる(50代男性)。
  • 煩わしい人間関係もなく、快適に暮らす事ができるから(男性)。
  • 毎日家族と一緒に過ごせるし、子供の成長する姿も見られるから(男性)。
  • 子育て世帯の場合は一緒に公園で遊ぶ仲間が必要だが、社宅の子どもであれば、同年代も多く一緒に遊ばせられるから(40代女性)。
  • 部屋を出ても会社の人と会うことがなく、気を使わずにお風呂やトイレに行ける。料理も気兼ねなくすることが出来、車庫も自分の専用のものがあり、寮の頃より何倍も広い部屋に住むことが出来るから(男性)。
  • 休日まで、会社の人間と顔を合わせなくて済むため(20代男性)。

まとめ:結局、寮と社宅ではどっちがおすすめ?

個人的には、独身の間は寮がおすすめで、結婚している場合は社宅に住むのが良いと思います。

やはり独身で若い頃しか、あの寮特有のワイワイとした楽しい雰囲気は味わえないと思いますから。

 

もちろん社宅は単純に「一般住宅を格安で借りられる」というメリットしかない制度なので、利用しない他ありません。

社宅の良さ、そして寂しさも寮を経験して初めてわかることですから、とりあえずは寮生活の方をお勧めしたいと思います。



【最短で今日面接、明日入寮↓】

各社の住み込み求人をまとめて検索できるサイト【数千件以上!】

工場ワークス

  • 全国対応、住み込みの求人数No.1の最大手
  • 綜合キャリアオプション、日研トータルソーシング、日総工産など寮完備大手の求人もまとめて掲載しているサイトだから、とりあえずここで探せばOK
  • 寮完備なのに、住み込み求人の半分は正社員雇用。その他、派遣、契約社員、アルバイト・パートまで多数
  • 寮費無料(光熱費込み)、家具・家電完備、風呂トイレべ別のワンルームあり
  • 面接はなしで電話で即日採用、最短で明日から住み込み開始可能
  • 寮への引っ越し代は会社負担なので、いま貯金がなくても明日から一人暮らし可能
  • 学歴・職歴・年齢不問の求人多数
  • 寮完備求人の1/3が月給20万円以上、年収400万円以上を狙える求人も
  • その他、交通費支給/2交替/3交替/日払い/週払い/夜勤/友達と一緒に応募OK/カップルOK/家族寮あり/座り作業/サークル活動あり/寮が2DK以上/社員食堂あり/女性が多い職場/送迎あり/など寮完備なのにワガママ条件多数
  • 求人数・ワガママ条件ともに、住み込みなら間違いなく工場ワークスがNo.1!まず最初にここで探せば後悔しません。
↓公式サイトはこちら↓
工場ワークスの公式サイトはこちら