後悔しない寮の持ち物リスト21&絶対持ち込みNGなもの12

寮の住み込みを始める時、何を持っていくか迷いながらも少しドキドキしてしまいますよね。

でもまさか、寮に家具やテレビ、漫画、冷蔵庫を持ち込みしようと思っていませんよね?!

 

そこで今回は当メディアから募集したアンケートをもとに、

  • 寮で本当に必要な持ち物リスト
  • 実際に持ち込んでみると意外と使わなかった…むしろ邪魔で仕方なかったもの

をご紹介します。

 

派遣や期間工の寮の持ち込みで悩んでいる人、就職した会社の社員寮の持ち物で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

↓最短で明日から住み込み可能↓
    

持って行ってよかったと思える寮の持ち込み物リスト

寮によっては備え付けのところもあるので、事前に必ず確認しておいてくださいね。

スマホやパソコンなどの電子機器、通信手段、ゲーム

⇒住み込み先によっては夜に楽しめる娯楽も店もほとんどない場所なので、暇つぶしや家族や知り合いに連絡できるものとかがないとかなり退屈なため。

テレビ、漫画

⇒暇な時に直ぐに見れるので一人暮らしでも寂しさを紛らわせる事が出来る(ただしテレビは元々部屋にある事も多いです)

電子レンジ

⇒共有スペースにある場合でも、わざわざ廊下に出て人に会うのも嫌な場合は、部屋にあると便利

虫除けスプレーやゴキブリホイホイなどの虫対策グッズ

⇒リゾート地や郊外の場合、夏は虫に悩まされることも多いです。

部屋は綺麗に見えても意外とゴキブリや虫が出るときもあります。

冬は部屋用の加湿器と防寒具

⇒土地勘がない場所では風邪をひきやすいので。カイロなども重宝します。

携帯用のガスコンロ(電気グリル鍋)

⇒部屋によってはキッチンが共用で使いたいときに使えないし、携帯用のガスコンロがあったおかげで他のスタッフと鍋パーティーができ、チームの絆が深まった。

またこれがあると、鍋、スープ、簡単な焼き物など、バリエーション豊富な料理をつくることができ、自炊するのにとても役立つ。

ゲーム機などの趣味関係

⇒住み込みをしているとプライベートと仕事の区別が出来ずリフレッシュしにくいので、趣味をしていると仕事のことを忘れられる。

また旅館などの場合はお客様がいつ外に出られるかわからないし、呼び出されることもあるので、細かい空き時間&耳が聞こえる状態である必要があるため、ゲームは向いている。

電気ケトル

⇒直ぐにお湯が湧くので、カップラーメンやコーヒーなど、お湯を使いたい時にすぐ沸騰してとても便利だった。

またキッチンが共用の場合は、他人とタイミングでかちあってしまったり使用方法に注意しなければいけなかったりと色々と気を遣うが、自分用のものがあれば好きなタイミングでお湯を沸かせる。

つっぱり棒

⇒収納のない部屋でも服を掛けられるし、カラーボックスや衣装ケースと違い出ていくときも撤収が簡単。

自転車の荷台に荷物を載せて落ちない様に固定する為の両側にフックが付いている荷縛りロープでも代用可能。

洗濯ハンガー

⇒洗濯バサミがいっぱい付いた洗濯ハンガーは干す時場所を取らないので迷惑にならず良い。

持ち運びも折りたたみできたり、小さいサイズもあるので、かさばらず楽。

口がたくさんついた延長コード

⇒住み込み先の部屋は小さいことが多く、電源を取れることが少ないことが多いから(一つだけという所も多いです)。

扇風機

⇒夏場の暑さをしのぐアイテムだけでなく、梅雨時に部屋干し時に扇風機をあてながら乾かせるのでとても便利

カップ麺

⇒決められた時間にご飯を食べることができず、冷めたものを食べなければならないこともあるため。

カメラ

⇒自分の思い出用として、部屋の中や、周辺の街を撮ってそれをあとで見返すのもすごく面白い。

日記帳

⇒住み込み先で辛いことがあったときに、過去に書いた日記を読むと「自分は自分のままだ、何も奪われない、人から貶されても私が損なわれるわけではないのだ」と確信出来て、もう少し頑張ってみようと思い直せる。

空気清浄機

⇒古い寮の場合、空気が汚い事もあるし、花粉なども飛んでいることがあるから。

クロックス

⇒簡単に外に出られるため。靴などだと面倒な場面が意外と多い。

簡単なお土産

⇒自分の土地の名産品の安いものでもいいのでそれがあると他の人と仲良くなれたり、雇用主にいい待遇をしてもらえる。

座椅子

⇒座椅子があるとかなりくつろげるため。

爪切り

⇒意外と手に入るお店が少ないため。

マイカー

⇒住み込み先によっては徒歩圏内には何も買い物できる場所がない事もあるため。

寮の持ち物として不必要だった・いらなかった物リスト

仕事先で邪魔になると、寮に住んでいる間すご~~く邪魔なので、ここにあがっているものが本当に必要かどうかをもう一度考えてみてください。

お洒落着などの服

⇒なによりかさばり荷物が多くなりますし、帰りのパッキングもめんどくさい。

またオシャレをして出かけていく場所がなかったり、そもそも遊びに行く時間があまり取れない事も多い。

洋服箪笥(タンス)

⇒入居時も退去時も出し入れに苦労する。段ボールやプラスチック製の箱で充分。

大きめのテーブル

⇒天板だけは解体できないので持っていくときにかなり労力する。

パソコン

⇒スマホでいくらでも代わりが効くので

アイロンとアイロン台

⇒吊るしたまま使えるスチーム式であればまだ良いかもしれないが、従来のものは頻繁に使う状況でなければ、本当に場所だけ取る

シャンプー、ティッシュ、洗剤類など生活用品

⇒かなりの荷物になるので、直ぐに必要な数日分だけ持って行き、残りは勤務先に到着してから購入するのが良い。

どれだけ田舎でも売っているし、そもそも寮で共用の物が用意されている事も多い。

漫画

⇒休みの日でさえ外に出ない引きこもり生活になってしまうので。

食器類、部屋用スリッパ

⇒どこの寮でも用意されている事が多いため。

お菓子などの食べ物

⇒特に夏は持っていく途中で悪くなってしまったりするため。基本的に現地で買うのが良いと思います。

テレビに繋ぐような機器(大きなゲーム機やDVDプレーヤーなど)

⇒(テレビが共用の場合は)つなぐ機会もなく荷物になる

加湿器

⇒建物の換気状況や部屋の素材が加湿器の使用に適しておらず、布団などがカビてしまった

トイレットペーパー、洗濯洗剤

⇒寮で用意されている事が多いため。

※もし、まだ寮付きの派遣会社を決めていない場合は

もしあなたが寮完備の派遣会社を探している途中なら、家賃無料で以下のような家具・家電完備のアパートの一室に住める綜合キャリアオプションがお勧めです。

https://hitorigurashi-lab.com/living/20703

https://www.894651.com/content/companydormitory

 

詳しくは以下の2つの記事を読んでみてください。

寮付き派遣は綜合キャリアオプションがおすすめの7つの理由

【画像】綜合キャリアオプションの寮の間取り・家具・ネットなど


↓最短で明日から住み込み可能↓
  

住み込み派遣に迷ったら、最大手のここで間違いなし!

綜合キャリアオプション

  • 住み込み派遣の求人数No.1の最大手
  • 工場系のお仕事はもちろん、住み込みには珍しい事務やその他の仕事も多い
  • 寮費無料(光熱費込み)、家具・家電完備、風呂トイレべ別のワンルーム
  • 面接はなしで電話で即日採用、最短で明日から住み込み開始可能
  • 寮への引っ越し代は会社負担なので、いま貯金がなくても明日から一人暮らし可能
  • 学歴・職歴・年齢不問の求人、正社員登用ありの求人多数
  • 求人の4つに1つは時給1500円以上(年収300万円以上)
↓公式サイトはこちら↓
綜合キャリアオプションの公式サイトはこちら