高卒で寮完備の住み込みを始めた方の体験談

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

私が1人暮らしをすることになったきっかけですが、高校卒業して就職し、1年経ったときでした。仕事が終わって深夜に帰宅することが多く、これ以上家族に迷惑をかけられないと思い、会社の独身寮で1人暮らしを始めることにしました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

毎月の生活費の仕訳

寮費 2万円
駐車場代 3千円
食費 1万円(基本まかないがあるため)
電気代 7千円
交際費 1万円
保険料 1万円
ガソリン代 5千円
携帯代 6千円

合計7万1千円

住み込みしてよかったこと

会社まで目と鼻の先でしたので、交通費は200円しか出なかったですが、ほとんど車を使う事がなかったので帰りに疲れて運転することもなく徒歩で帰れるので便利でした。
また、会社の寮なので、ごみ当番などもなく捨てるだけでしたのでとても楽でした。

私が住んでいた寮は冷蔵庫と洗濯機は付いていたので、買う必要がなく、寮を出るときにも処分する必要がないので便利でした。
寮費が安いので、1ヶ月あたりに5万円程度は貯金に回すことができるので、年間で60万近くは貯金できていたと思います。

食費は飲食店に勤めていた為、まかないでだいぶ節約できていたと思います。
あとは、オール電化の寮でしたので、ガス代はなく、水道は無料で使い放題でしたので余分な費用を支払わずに住みました。
会社にもよりますがだいぶ節約できると思いますので、寮はオススメします。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

今まで親に面倒を見てもらっていて家事の一つもしてこなかったので、そういった一人の環境で働きながら家事をこなすことで
人としても成長でき将来に生かすことができるのかもしれないと思って一人暮らしできるところでと思いました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

寮費1万円
水道光熱費1万円
食費1万円

住み込みしてよかったこと

三食食事付きの寮だったため食費をかなり抑えることができよかったです。
そのうち寮の食事もマンネリ化して飽きてくるのではないかと心配していましたが寮母さんの食事のバリエーションは素晴らしく、新しい食事をどんどんと取り入れてるのでマンネリ化することなく楽しむことができました。

通常一人暮らしをするともっと家賃がかかってしまうところ、格安の寮費に加えて食事まで提供してもらったのですごく貯金ができてよかったです。
給料が高くなるまではここで住んでいずれは、彼女と結婚した際の資金貯めおよび、その時に一人暮らしの経験が生かせればいいなと思っています。

会社にそういう制度があればぜひとも使用したほうがいいなと思います。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

就職するにあたり、始めは地元での就職も考えましたが地方だったため、賃金の低さや限られた選択肢の中から選択することが嫌だったこと、また、両親にいつまでも迷惑をかけて生きてはいけないと思ったので、地元を離れて一人暮らしを使用と思いました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

家賃、水道光熱費及び食費を含めて1万円くらいでした。

住み込みしてよかったこと

女子寮だったので、地方から一人で上京して来た私にとって非常に安心して生活でき、また、同じ境遇の女性ばかりが寮に入ってくるのですぐに友人もでき、結婚するまでの間、快適に過ごすことができました。
結婚していない方は、住み心地の良さからか、外にアパートを借りて住むことなく、ほとんどの方が寮に住んでいました。

また貯金については一年目から年間100万円貯めることができました。
数年経つと、給料も上がってくるので、同じ寮に住んでいる先輩方はブランド品の購入や旅行を楽しんでおり、使える金額といった面では、大卒の方たちに負けない収入であったと思っています。

今思えば、もう少し寮生活をしてお金をためてから結婚資金などにあてればよかったと思っています。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

私が1人暮らしをしたいと思った理由は家族に気を使わずに自由に生活がしたかったからです、やはり実家ですと友人が遊びに来ても夜遅くまでいると親に気を使ってしまい楽しく会話が出来ませんでしたので私は高校を卒業したら就職して即1人暮らしを始めたいと思っていました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

私は会社の寮(借り上げアパート・1人部屋)に住んでいましたが、寮費は1ヶ月3800円でした、ちなみに光熱費・食費込みです。

住み込みしてよかったこと

やはり寮ですので家賃が安く光熱費や食費も安いのでとにかくお金が貯まりました!
ちなみに私は会社に入社してスグに自動車免許を所得しましたが、免許所得後2ヵ月後に新車の自動車を購入しました。

おそらくというか‥確実に普通のアパートに入居して1人暮らしをしていたら免許は所得出来るものの新車の自動車を購入する事は出来なかったと思います、ちなみに自動車の価格は450万円でした。

まぁ若かったという事もありますが、私は洋服やらブランド物の腕時計やらのアイテムもかなり購入して同世代の友人達と街中で会うと羽振りの良さにビックリされていた程でした
しかし私は寮でずっと暮らすつもりはありませんでしたので、しっかりと貯蓄もしていましたので3年で寮を出て自身で住居を借り1人暮らしを始めました。

やはり寮を出たとたん生活に掛かるお金は数倍になりました‥
しかし私はこうなる事は想定内でしたし予想もしていましたので大して気にはなりませんでした

最後になりますが久々にまた寮生活をしてみたいとも思います
何故なら本当にお金が貯まるからです(笑)、それでは。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

なんでも自分でやりたいと思った。家にいれば洗濯も掃除も親がやってくれてたけど、自分でやって自由にしたかったから。

あとご飯の時間やお風呂の時間など親に催促されたりするのが嫌だったから、好きな時にご飯食べて好きな時にお風呂に入りたい。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

食費はだいたい2万くらい。自分のお小遣いとして3万くらい。
寮費が1万5千円、電気代水道代ガス代は全部りょうに入ってた。

住み込みしてよかったこと

ホテルの住み込みだったのでお風呂は温泉に入れた。住んでいる人たちが同僚の人たちだからコミュニケーションがよくとれてたし、知ってる人たちが近くにいると安心した。男子と女子の寮も分かれているからそこも安心だった。
寮費が安くて水道代も電気代も込みで1万5千円だったのはとてもラッキーだった、貯金も貯めやすく一年で100万は貯めれた。

寮費の掃除はホテルで雇っている清掃員の方がやってからていたので、廊下などの掃除はやらなかった。
部屋はワンルームだけど11畳もあってとても広かった、トイレ、洗濯場、洗面所は共同だったからそこは少しめんどくさかった。

普通にマンションなどの一人暮らしに比べればとても楽だしお金もかからないから良いと思う。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

実家から仕事場まで1時間以上も通勤に掛かってしまうことと、寮に1人で住んだ方が安全だと思ったからです。
アパートの1人暮らしでは怖いこともあるかなと思い、高校卒業したばかりだったので寮で1人暮らしの方が安全だと思いました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

寮費は1ヶ月35000円でその中に光熱費と朝と夜のご飯代が含まれていました。

住み込みしてよかったこと

寮に住んでいて助かったことは夜勤の仕事があっても、寮が会社の隣だったので、安全に帰ることが出来たことです。
初めて親元を離れて夜道を歩くのがすごく怖かったので、寮だとすぐ帰れて危ないということもなかったので助かりました。

まあお給料が約15万円でそこから寮費が引かれても12万以上は残っており、1万円は仕事の時のお昼ご飯代で2万円くらいは自分のお小遣いとしていたので、多くて10万円は貯金すること出来ていました。
おかげ様で、1年間で100万円以上の貯金が出来るようになり、2年間寮生活をしていたのでボーナスの貯金を合わせると300万円貯金することが出来て、寮退去する時の引越し費用なども困ることがなくて助かりました。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

狭い家に大人数で暮らしていたため、自分の部屋を持つことに昔から憧れていたからです。
古いや狭いなど寮に対する世間のイメージは良くないですが、私が過ごした環境に比べれば良かったたため、私が寮に住みたいと思うのは必然なことでした。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

手取りの18万円は寮費(2万円)などを引かれた金額、出費は寮仲間との遊び代だけ、遊び代は毎月のお小遣い3万円の範囲内に抑えました。

住み込みしてよかったこと

私が暮らしていた寮は買い物や食事をするには不便なところ、言い換えればお金を使わないで済む環境にありました。
それでも寮で暮らしている同僚とは一緒に遊んだりするのですが、私は毎月3万円だけをお小遣いと決め、その範囲内だけで遊ぶことを寮仲間には伝えておいたため、順調にお金を貯めることが出来ました。

寮では食事が出されるため、頂いた給料を全額使い切ってしまう者は少なくはなく、私は給料前にお金が無くなった者にお金を融通してあげていたため、返済時には利息を受け取ることが出来ました。
利息と言っても外食での一食分程度、しかし、数人にお金を貸していたため、寮で暮らしている時の私は自費で外食をしたことは殆どありませんでした。

極力お金を使わないようにしていたため、寮暮らしをするようになってから1年後には車を一括払いで買うことができ、不便なところに寮があると私の車は足代わりにされるのですが、その代わりにお小遣いを稼ぐことが出来ました。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

親からの自立が主な理由です。

もともと折り合いが悪く、家にいても言い争いが絶えなかったので、早く家を出たいと思っていました。

家に兄弟が多かったため、自分の時間、スペースを確保したい
という点もあったかと思います。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

寮費:15000円
携帯:5000円
食費:50000円
水道光熱費:12000円
雑費:15000円

残りで遊び、貯金していました。

住み込みしてよかったこと

寮を出て実感したことですが、社会人になって親元を離れると、給料に対して家賃がどれだけあるか、というのは非常に大きなポイントだと思います。

必要以上に大きな家や駅に近い所に住みたいとは思いませんが、それでも家賃は安くありません。
寮のうちに毎月3万円は貯金するようにしていたので、年40万円近くは貯めることが出来ましたが、寮でなければこれだけの貯金は出来なかったと思います。

また、どこもそうかもしれませんが、会社に近い物件を寮として借り上げてもらう形でしたので、会社に近いのも大きなメリットでした。自宅から自転車で約10分の距離であり、今までの人生の中で1番短い通勤時間です。
通勤時間が短いと自由になる時間が増えるので、片道2時間近くかけて通勤している今考えると、雲泥の差があると感じます。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

小さい時からマンション暮らしでなおかつ兄妹が4人だったので1人部屋どころか一人で寝ることもありませんでした。
それにマンションは県営住宅だったので世帯の収入に応じての家賃になるのもあり自宅から職場まで距離があったため会社の独身寮に入りました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

初任給が約18万ぐらいで携帯代や車の保険や生命保険代に車のローンで大体8万の支払い後は実家に3万の仕送りで残りは自由に遊びやギャンブルに使ってました。

住み込みしてよかったこと

寮には当時トイレや洗濯機は共同で使えたので洗濯機を買う必要もなく無料でした。
風呂は大浴場とシャワールームが時間指定ではありましたがありましたので毎日銭湯に行ってる気分が味わえて楽しかったですし、風呂場での先輩や同期の人達との会話も楽しかったです。

それと光熱費は無料だったので何でも使い放題だったのは嬉しかったですね。
食事も朝と夜食べるなら寮長のところで紙にサインをすれば食べれたので急にお金が無くなっても給料引きで食事が出来たので金欠の時は物凄く助かりました。

会社の近くにある寮なので職場も近くて歩いて行ける距離にあり車やバイク通勤だとガソリン代とかかかりますがそういったところもいらないのは良かったです。
貯金に関しては会社の財形貯蓄ややっていたクラブでの旅行などの貯蓄も給料引きで貯めてくれていたので持ってれば全部使ってしまう自分には助かりました。

 

あなたが一人暮らしをしたいと思った理由

高校在学中に同じ高校を卒業した先輩と話す機会があり、その話の内容に就職すると最初のうちはバイトとは比べ物にならない額の給料を貰うことができ、金銭感覚が少しおかしくなるから気を付けたほうが良いと言う話があり、将来に向けてお金を貯めておきたかったので、より稼げる住み込みで働こうと思いました。

寮や住み込みで一人暮らしをしていた時(しているとき)の、毎月の生活費の仕訳

当時手取りの給料が毎月約20万円で光熱費が約2万円、食費が約1.5万円で余りは自由に使えるお金でした。

住み込みしてよかったこと

職業柄なのか先輩方や親方にご飯を連れて行ってもらえる事が多く食費にはあまりお金がかからなかったと思っています。
家はあまり綺麗ではなかったですが、家賃は会社が全額負担してくれていたので月に約10万円は貯金に回すことができていました。

ですが、お金に余裕がうまれたときに特に必要のない物を買ってしまったりパチンコやスロットなどのギャンブルにハマってしまい貯めていたお金を3分の1ぐらいまで使い込んでしまい、一時期はどうしようかと思いました。
仕事の繁忙期になると仕事が忙しく疲れていたので自然とギャンブルから卒業でき、また同じ額までお金を貯めることができました。

あの頃にギャンブルなどしていなければと今でも後悔しています。

 

>>住み込み派遣会社一覧はこちら<<

>>最大手の住み込み会社はこちら<<